美ST ONLINE

予選通過者ブログ

小島 千恵さんに投票する


カテゴリ: トリップ

貧困地域の子供達②セブ島ボランティア留学

前回に引き続き、セブ島ボランティア活動のお話です。
前回のログはこちら

現地NGOのSLPCさんの活動は、毎週違う貧困地域へ行き
レクリエーションとフィーディングを行なっています。
それ以外にもスーパーフードと言われるモリンガを粉にして
貧困層の家族の収入となるよう製品として販売しています。

そのSLPCさんの活動に参加することにしました。
まだ乳児だった三女含め大人1人と子供5人の参加を快諾してくれました。

私たちが活動に参加した場所は、
ゴミ山を追い出され行き場を失う人々の為に
初めて政府が建築した家が立ち並ぶ集落でした。
この集落ができるまで、途方もない時間が掛かったそうです。
それでも、出来て、住めるのは大きな一歩。
C86DEEF9-33CC-439F-AB9B-3AF365143857

見た目はしっかりしていますが、中は何もない外壁だけのおうちです。
それでも、ここに住む子供達の笑顔はキラキラしています。

45B8647E-4900-4E8D-84D5-49BF0AC07B98
オムツをつけているの?
と思ってよく見ると、小さなビニール袋を開いて結んだオムツ。
B2963A3A-C882-470E-A5DB-B018CE2E5044

子供達に学校のことを聞くと、
バイクで5分、歩いて30分、だからほとんど行ってないんだ
と言っていました。

レクリエーションの時間があると聞いていたので
お手軽にシャボン玉と折り紙を持って行きましたが
英語で折り方を教えるのは難しく、
気がつけば折り紙は踏みしだかれて至る所に落ちていました。
86C02840-7274-445A-A211-6B31544EA21F

折り紙ではなくて、もっと違うものにすればよかったね、
と落ちていた悲しさよりも相手の事に思い巡らせられなかった
準備段階の自分たちを振り返った子供達。

その後のフィーディングは一生懸命お手伝いしました。
印象的だったのは、
「大きいお肉は大きい人に、小さいお肉は小さい人に」

の言葉。
たくさん食べたいのだけど、みんなに平等に食べてもらう為。

長女と次女は一生懸命折り紙を教えたり、
フィーディングのご飯を盛り付けたり、
315181D3-E2C0-4C67-9898-9827EE7D152E
配布するお水をビニールに詰めてたくさん手に持ったり、
BD092DC7-160B-4D92-B7F0-6BFB4FDCDF8C
長男次男は集落の男の子たちとサッカー!

あれをしろ、これをしろ、と言わなくても
自分からしっかりと役割を見つけていました。

できること、やるべきこと、
自分でちゃんと発見してPDCAサイクルを回せる子になって欲しいです。

比較的兄弟の中でも顔が濃い目の次女は、
フィーディングでお水を配布する役割を担っていたのに、
「早くお皿を持っておいで!ご飯がなくなるよ!」
的なことを英語で言われていました。
現地の子と間違えられていました。

次回ももう少しこのお話を書きます。

コメント

« 記事一覧 »

プロフィール

名前 小島 千恵
住所 岐阜県
生年月日 1981年5月29日
身長 168.3cm
B-W-H 87cm/62cm/89cm
血液型 O型
職業 企業コンサル会社経営
趣味・特技 約款を読むこと、 マイルを貯めること
美魔女に
なったら
自分の目標に迈進する女性を応援したい。

日本人女性1人ひとりが大きな花を咲かせられるように、幅広く活動したい。20歳の顔は贈り物、50歳の顔はあなたの功績というココ・シャネルの言葉を自分自身も実践していきたいと思います。

最新の記事

小島 千恵さんに投票する

小島 千恵 のカテゴリごとの記事

Close

他のメンバーの記事

名前をクリックするとその名前の記事一覧を表示します。

Close