美ST ONLINE

ファイナリストブログ



カテゴリ: チャレンジ

コンテストを終えて

正直、ファイナリストになってからコンテストまできつかったー。

緊張で眠れない日は何日もあった。

水着にならないといけないのに、なかなか変わらない体に焦る日々だった。

自分の魅力なんてわからなくて、どう表現したらいいかなんでわからくなって。ただ29日はやってきて、ステージに立つという事実。焦りと不安で吐きそうだった。

ただ一つだけ思ったことは、29日を最高の日にして、やっぱりやるなら、今年の美魔女の頂点に立ちたい。自分自身をどこまでいけるか試してみたいと思ったのは他でもない私自身なんだって。

そして、それは、私だけでなくファイナリスト全員おんなじ気持ちだとわかった。

私たち、美魔女ファイナリスト8期は、7月末の集合写真の後LINEを交換して情報共有をしていた。

LINEで話すうちに、みんなの人となりがわかって大好きになった。それぞれにほんとに素敵なものを持っていて、これまでの人生それぞれに一生懸命全力で頑張ってきたこともよくわかった。ライバルだけど同志!自分が出たいと思って出た美魔女コンテスト。一生に1回きりのその日を最高の1日にしたいと思っているのは、みんな同じで、みんな自分自身と戦っていた。

仲良くなればなるほど、みんな素敵で誰がグランプリをとってもおかしくない。だから余計に焦る気持ちもあったけれど、みんなが大好きだからこそ、誰かがグランプリをとったときに、心からおめでとうと言いたいと思う自分もいた。そうするためには、自分が後悔ないよう努力して自分を出し切るしかない。そう思った。

落ちていた時期もあったけど、みんなが原動力になった。だから頑張れた。

愛葉はエントリーナンバー1番。人一倍緊張しーの私がトップバッター。マジですかー?と思った。でもよく思い出してみたら、小学校から大学まで続けた剣道では、ずーっと先鋒に選んでもらった。先鋒は強くなくても良い。ただただチームの雰囲気や流れをよくするための役目だ。元気な試合だけをしてくればいい。でも大事な役目。そう思っていた。

今回もおんなじだ。先鋒に選ばれたのは、たまたまだけれど、私にはその役目があると勝手に思った。とりあえず精一杯自分のカラーを出して元気な試合をしてこなくては。そう思った。

そして、なかなか決まらなかった自己アピールも、その決意もあって、絶対、剣道にしようと思った。

コンテストは最高だった!

ステージの裏は、緊張感でいっぱいだったけど、最高に楽しかった!みんなでどう見せたらいいか、どうやったら緊張がほぐれるか、どうやったらお客さんが喜んでくれるか、みんな一丸になっていた。ヨガやポージングや写真や秘書やお菓子やポンポンやみんなの得意分野でアドバイスしあったり、お互い褒めあって高めあった。みんなの優しさで溢れていた。

そのおかげで、自分も出し切れた。

賞をとった人たち。ステージだけでなく、裏でも内面も最高に素敵なの知ってる!心からおめでとう!言えた!嬉しかった!

賞を取れなかった人たち。最高に素敵なの私たち知ってる!本当にがんばった!大好き!

みんなそれぞれに違った素敵をもっていて、本当にすごい。それぞれにどんなとこが魅力なのか、17人全員の人の魅力を熱く語れる。

それから、私は美魔女じゃなくて美魔女にならせてもらったこともわかった。こんな私を、ステージに立たせてくれたのは応援してくれた家族や友達がいたからこそだった。スタッフのみなさんはじめ、メイクさんや、ライターさん。みんな気分を盛り上げてくれて、きれいにしてくれて、私たちをステージにあげさしてくれた。

美魔女コンテスト出場してほんとによかった!
たくさんのことを学ばせてもらった。美魔女ファイナリスト8期の一生の友達もできた。もうほんとに、ただただ感謝しかない。

ありがとうございました。

IMG_1299

IMG_1314

IMG_1311

IMG_1295

IMG_1298

IMG_1276

IMG_1278

コメント

« 記事一覧

プロフィール

名前 愛葉 香
住所 神奈川県
生年月日 1979年10月15日
身長 162㎝
B-W-H 82cm/58cm/88cm
血液型 B型
職業 スーパーフード研究家
趣味・特技 紅茶、スーパーフード、美術鑑賞、剣道、書道
通算5年の客室乗務員経験後、夫の海外駐在で6年間の海外生活。食の資格を多数取得し、毎日の食事を大切に、講師をしたり教室を開催しています。美STを見て、進化し続ける40代になることを決意。

最新の記事

愛葉 香 のカテゴリごとの記事

Close

他のメンバーの記事

名前をクリックするとその名前の記事一覧を表示します。

Close