美ST ONLINE

インフォメーション

美魔女的、人生論③

TEAM BIMAJO プロジェクト代表 コラム

私がTEAM美魔女のメンバーと接し、彼女たちの日常を垣間見、いつも感心すること。
それは、BIMAJOの「時間」に対する考え方です。

24時間…時間はみんなに平等なものであることは当たり前のこと。
ですが、BIMAJOたちは「自分の時間をいかに使うか」という視点が、素晴らしく長けています。

加齢を受けとめながら、でもキレイであり続けたい…そんな願望は誰もが持つもの。
では、なぜBIMAJOがそうあり続けることができるのか?
それは「時間と闘う意志」があるからだと思います。

BIMAJOメンバーは、妻であり母である女性が多く、当然家庭のことや子育てに追われる。
そのうえ、自分の仕事をもっていたり、TEAM美魔女の活動もこなす…となると、当然忙しい日々。
でも、そのなかで「自分への時間」を編み出す女性が実に多い。
家事をしながら、お風呂に入りながら、通勤の合間に、子供の送り迎えをしながら、子供を寝かしたあとに、ちょっと早起きして…などなど…。
何かの「ながら」だったり、効率的な時間の使い方で、自分の体型や肌の維持を心がけているのです。

美魔女は、お金があって、ありあまる時間を美容にかけている。
そんな世間のイメージのような美魔女はほとんどいません。
「時間とうまく闘う」これが、BIMAJOの真実なのです。

そしてもうひとつ、BIMAJOの真実があります。それは「時間と闘う意志」
加齢に対しあきらめて惰性で生きることをしない人たちなのです。
「ま、いいっか」という気持ちが、人を怠惰な生活にし、太らせ、老けていく…みなさんにも覚えがあるかも…。
この「ま、いいっか」という気持ちと闘う自分を持っている。それが、BIMAJOの根幹だと感じています。
※ちなみに、悩み苦しみ結論が見えないとき「ま、いいっか」と楽天的に考える…それはBIMAJOのメンバーにも多い「ポジティブ思考」ですけどね。

この「時間」に対する捉え方、実は女性だけでなく、男性にもあてはまることです。
「時間」を効率的に使えない人は、仕事がうまく行きませんし「ま、俺の人生、こんなもんか」って惰性に生きる男性は魅力的ではありません。

時間をいかにうまく使うか。
自分の怠惰になる気持ちと闘う。
「時間と闘う意志」

うーん、カンタンなことではありません。
だから「BIMAJOメンバーってスゴイ!」って、私はいつも感じています。

プロジェクト代表 森口

インフォメーション一覧へ