美ST ONLINE

インフォメーション

美魔女的、人生論 ②

TEAM BIMAJO プロジェクト代表 コラム

「美魔女って、みなさん、めぐまれた主婦で、ダンナが豊かなセレブなんでしょ?」と多くの方から聞かれます。
マスコミからも、そんなイメージに基づく取材希望が多いのも事実です。
これについて、今回は、私見を少し…。
このイメージに対して、二つの側面があります。

一つは、そういう女性ばかりでもないということ。農業に従事し頑張っているBIMAJOや、家事も子育ても頑張りながら、自分の仕事もガンガンこなして豊かなBIMAJOもいます。
みんながダンナの豊かさにあやかっているわけでは、ありません。

もう一つの側面は、イメージのような美魔女メンバーも多いこと。
でも、これについて、私はこう思います。
自身が努力し生きてきた結果、豊かな生活ができていることは、隠すことではないのではないかと…。例えば、仕事ができて稼げるパートナーと出会ったこと…それも含めて、彼女たちの人生なのですから。

美魔女は、コンテストの規定をベースにすれば、35歳以上。つまり、コンテストに出る前に、それなりに人生を、オトナの階段を登ってきた女性たち。
それまでの人生のなかで、事業に成功したり、あるいは素敵なパートナーを見つけることができた…ということは、否定されることではなく、むしろ、一人ひとりの財産ではないでしょうか。めぐまれた生活をおくれていることも、それも彼女たちの生きてきた証です。同時に、離婚経験や、大切な家族との死別…といった辛いことの経験者も多いのです。
それも含め、今、彼女たちBIMAJOが、どう生きようとしているかが大切なことだと思います。
「めぐまれた人ばかり」「パートナーが豊かなセレブ」という印象で片付けられるのは、少々、残念なのです。(続きは、また…)

プロジェクト代表 森口

インフォメーション一覧へ